婦人

軽々とボディライン作る|脂肪吸引も整形でできる

痩身は安全に獲得可能です

男性と女性

お腹や太ももの落ち難い脂肪は美容外科に相談して脂肪吸引を受けるのが最適です。気になる所から脂肪吸引を受けられるので、理想的な痩身を獲得する事ができます。多くの実績を持つ優良な美容外科なら安心して脂肪吸引を任せられます。

詳細を確認する

美容外科での減量とは

ボディ

脂肪吸引では、術後に痛み止め薬を活用したり、適切な栄養を摂取することでダウンタイムを快適に過ごせます。美容整形の中でも人気の高い脂肪吸引は、切開部位の縮小や術後の痛みの緩和のための研究が進んでいる治療という点で特徴的です。

詳細を確認する

苦痛の少ない部分痩せ

ドクター

組織へのダメージを軽減

現在の脂肪吸引は皮膚を切開してカニューレを挿入し、そこから脂肪を吸い出すのが一般的です。多少なりとも皮膚や皮下組織を傷つける手術ですから、痛みが心配だという方は多いでしょう。できるだけ組織にダメージを与えずに施術することや、麻酔に工夫をすることが、痛くない脂肪吸引を行なう鍵になります。あらかじめ超音波やレーザーで脂肪組織を柔らかくしておくと、スムーズに吸引することができ、体へのダメージの軽減につながります。またカニューレを挿入するとき、血管や神経を傷つけないことが最も重要です。傷つけてしまうと、施術後に内出血が起きたり、いつまでも痛みが残ったりすることになります。細くて組織を傷つけにくいカニューレを使用するのも一つの方法ですが、最終的には施術するドクターの腕次第と言えます。麻酔は笑気麻酔や静脈麻酔などを組み合わせて使用します。全身麻酔をすれば痛くない手術ができますが、高度な技術が必要なので、専門の麻酔医がいるクリニックを選ぶことが大切です。

メスを入れない施術も

痛くない脂肪吸引の方法として、最近では「切らない脂肪吸引」も普及しています。これは実際には吸引するわけではありません。脂肪溶解注射や高周波・超音波などで脂肪細胞を分解し、自然に代謝され排出されるのを待つという方法です。脂肪細胞の数を減らすという原理は、手術で取り除く場合と同じです。しかしメスを入れる必要がないので、痛くない上に傷が残らないというメリットがあります。ダウンタイムが短く、自然な仕上がりになることも長所です。ただし脂肪を直接取り除くわけではないため、効果が実感できるまでに時間がかかる場合もあります。手術で脂肪吸引をすると、施術中は痛くなくても、術後1〜2週間は筋肉痛程度の弱い痛みが残ることがあります。ある程度は仕方のないことで、クリニックでも痛み止めを出してくれますし、市販の鎮痛薬を飲んでも問題ありません。熟練したドクターなら、術後の痛みも最小限に抑えることができます。切らない脂肪吸引であれば、このような痛みもないので安心です。

ベイザー波の効果とは

体重計とグラフ

ベイザー脂肪吸引は超音波の振動で脂肪細胞を柔らかくしてから吸引する施術で、痛みや出血を抑えて回復も早くなると言われています。また皮膚の間際の脂肪まで吸引できるので、除去率が高くなることもメリットです。

詳細を確認する

脂肪を外部から取り除く

注射器

脂肪吸引は脂肪吸引管を使用して不要な脂肪を取り除く美容整形の一種です。メスを入れる必要がなく、日帰りが可能な治療です。ダイエットとは異なり「痩せる」という結果が短時間で必ず達成できる事が最大の利点です。

詳細を確認する

簡単に痩せられる方法

ペンとメジャー

脂肪吸引は、痛みもリバウンドの心配もない新しいものに変わってきています。その代表的なものが、脂肪細胞を冷却して破壊し、自然に体外への排出をさせるゼルティックと呼ばれる方法です。痛みも無く、ダウンタイムもほとんどなくリスクも少ないため、新しい脂肪吸引方法として注目されてきています。

詳細を確認する