レディ

軽々とボディライン作る|脂肪吸引も整形でできる

ベイザー波の効果とは

体重計とグラフ

脂肪を柔らかくする

美容外科で最近流行している施術のひとつに、ベイザー脂肪吸引があります。どこが普通の脂肪吸引と違うのか、疑問に思っている方も多いでしょう。ベイザー脂肪吸引もカニューレという細い管を挿入して、施術したい部位の脂肪を吸い出すことは同じです。ただし吸引の前に、ベイザー波という特殊な超音波を照射する点が特徴になっています。ベイザー波は高周波のエネルギーで脂肪細胞を振動させ、バラバラにする作用があります。分解され柔らかくなった脂肪細胞は、細い管からでも吸引しやすくなります。通常の脂肪吸引は、互いにくっつき合って硬くなった脂肪細胞を、カニューレで無理に引き剥がすため、どうしても出血が起きやすくなります。また脂肪細胞と周辺組織も密着しているので、組織を傷つける可能性があります。ベイザー脂肪吸引はスムーズに脂肪細胞だけを吸引できるため、痛みや出血を最小限にとどめることができ、それだけ回復も早くなるとされています。ベイザー波は脂肪細胞だけを破壊し、筋肉や血管にはダメージを与えません。

脂肪の除去率がアップ

皮膚の表面に密着した脂肪細胞は、従来は吸引するのが難しいと言われていました。無理に吸引すると凸凹になったり、皮膚がたるんだり、出血が多くなったりする恐れがありました。ベイザー脂肪吸引は皮膚の間際の脂肪細胞まで柔らかくして、最大90%まで脂肪を除去できるとされています。そのため脂肪そのものの量が比較的少ない方でも、部分痩せに効果が期待できるというメリットがあります。脂肪の除去率が高いことは、ベイザー脂肪吸引の最大のセールスポイントですが、むやみに大量の脂肪を取り除くのが正解とは限りません。脂肪を取りすぎると、シワやたるみの原因になることがあります。もともと脂肪吸引は、全身のダイエットよりも部分的にスタイルを整えることが主な目的です。ベイザー脂肪吸引も普通の脂肪吸引と同様、時間をかけてカウンセリングを受け、しっかりと施術後のデザインを行なうことが大切です。また施術後のアフターケアや、結果が気に入らなかった場合の保証があるクリニックなら安心です。