レディ

軽々とボディライン作る|脂肪吸引も整形でできる

脂肪を外部から取り除く

注射器

脂肪吸引は不要な体内脂肪を外部に取り出す手術の事です。外科的な治療に位置づけられますが、身体にメスを入れる必要はありません。カニューレと呼ばれる脂肪吸引管を使って吸い出すので、術後二週間もすれば傷は殆ど消えてしまいます。特別なケースを除いて日帰り手術が可能で、費用も十万円から三十万円と実用範囲内におさまっています。手術という物騒な言葉に高い敷居を感じる人もいるかもしれませんが、カテゴリー的には美容整形の分野であり、ダイエットとリバウンドを繰り返す人が主な治療対象者となります。但し、メタボリック・シンドロームなどの医学的な解決法ではなく、あくまで美容目的に限定された治療法です。肥満体質の改善・脂肪吸引後の体型の維持は別の医学的アプローチが必要となる場合があります。以前は全身麻酔を使用する大がかりな手術法でしたが、現在では技術の進歩で大きく改善しており、麻酔も部分麻酔を使用します。命の危険を伴う医療事故の発生確率も一万に一人を大きく下回っています。

脂肪吸引を行うメリットは幾つか挙げられます。まずダイエットとは異なり「痩せる」という結果が短時間で必ず達成されるという点です。自由に時間が使えない人や短期間でスリムになりたいという人には脂肪吸引は打って付けの選択肢になります。ダイエット後に起こるリバウンドが発生しにくい利点もあります。これは脂肪吸引によって肥大化した脂肪の因子そのものを除去する為です。ダイエットなどの手法では脂肪は完全に除去できません。エネルギーの燃焼によって脂肪を小さくする事で体重減少を達成するからです。しかし、脂肪吸引によって痩せたと言っても暴飲暴食を繰り返せば必ず太りますので、体型維持にはある程度の努力は必要です。また術後三日程度は痛みが残る事と、体型が安定するのに三カ月程度の時間を要する可能性があることを知っておきましょう。また脂肪吸引の成否は術者の技量に大きく依存しているので、病院選びは特に重要となります。低価格の謳い文句などには安易に飛び付かず、担当医師の評判を第一に検討する事を推奨します。