レディ

軽々とボディライン作る|脂肪吸引も整形でできる

美容外科での減量とは

ボディ

ダウンタイムの過ごし方

様々な審美的な問題にアプローチする美容外科では、顔の整形だけでなく脂肪吸引による痩身治療も行われています。脂肪吸引は切開を伴う美容整形であるため、術後の回復期間を心配する方が多いです。術後の期間をダウンタイムと呼びますが、工夫次第でダウンタイムを快適に過ごすことができます。脂肪吸引のダウンタイムにおいては、痛み止め薬を積極的に活用することが大切です。主に飲み薬、座薬、テープ型の処方薬が痛み止めに使われることが多いです。これらは効果の強さや副作用の現れ方が異なりますが、一概にどれが良いとは言えません。そのため、異常が出たら医師にすぐ相談しながら、適切な痛み止め薬を使うことが大切です。ダウンタイムの不調の軽減のためには、適切な栄養補給も欠かせません。特に水分は身体の代謝を促し、脂肪吸引における傷口の回復力を促します。また、肉料理に多く含まれるたんぱく質は皮膚や筋肉の回復の原材料となります。そのため、バランスを意識しながら積極的にたんぱく質が多めの食事を取る工夫も大切です。

脂肪溶解法の特徴とは

脂肪吸引では単に脂肪を取るだけでなく、事前に脂肪を溶かしたうえで効率よく吸引していくという特徴があります。脂肪細胞そのものを取り除く脂肪吸引では、術後に脂肪が増加することを根本的に食い止めることができます。そのため、いったん治療が終われば効果が永続的な点で特徴的です。また、脂肪吸引は顔の整形と並んで需要が非常に大きいという特徴があります。そのため、治療法や術後のケアにおいても改善が進んでいる分野です。治療法の進歩に際しては、吸引器具を挿入するための切開部位の縮小化が挙げられます。切開による傷は術後の患者の痛みの最も大きな原因となるだけでなく、審美的にも気になるものです。切開部位を小さくすることは、術後を快適に過ごすために必須と言えます。また、術後のケアにおいては様々なタイプの痛み止め薬の処方に加え、専用の機器を用いた痛みの緩和も行われます。傷口が痛むとその周辺の血行が悪化しやすく、回復量の低下に繋がります。専用の機器では傷の部分の血行を改善し、痛みを和らげながら早期の回復も促します。